スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

よだかの星

よだかの星。。。って 宮沢賢治の童話をご存じですか?

yodakah1.jpg


よだかは 姿形がみにくいというので、ほかの鳥にバカにされ笑われます
おまえが鳥の仲間にいるのははずかしいから名まえをかえろといわれます
よだかは、ほんとうはやさしい鳥です
でも悲しさに耐えられず また これまで自分が多くの虫を
食べて殺してきたことを反省して どこまでもどこまでも空へ そして星に……




もう2年以上前になりますが
みかんが中三の頃 学校から帰っていると
小学校3年生くらいの男の子たちが
わぁわぁ言いながら 棒で何かをつついていたそうです

そこに 同じ美術部の後輩の子が

「先輩っ 小学生が鳥をいじめてるから 助けてあげて!」って
来たそうです

みかんと後輩の子達は
「何しよるとっ!」。。。と怒ったらしいのですが

「も~ 死にかかっとるけいいやん」と
やめなかったらしいです

そこで たまたま通りかかった友達のお父さんに
事情を話して なんとか小学生達を説得してもらったそうです

残されたのは弱って今にも死にそうな見たこともない鳥

友達のお父さんはきっと忙しかっただろうに
みかんと 後輩の子を連れて
近くの動物園にある 野鳥保護センターに連れて行ってくれたそうです

そこで

「あぁ 可哀そうに。。。君たちこの鳥はね
よだかという鳥だよ よだかの星って読んだ事あるかい?」と
教えてもらったそうです

c0079001_2045775.jpg

初めて見るよだかは お世辞にも可愛いと言える鳥では
なかったと みかんは言っていました

でも 見た目が他の鳥より可愛くないから
いじめていい理由にはならないし
命を粗末にしていいわけじゃない
。。。とも言ってました

たまたま通りかかっただけだけど
本当に大切な経験をさせてもらえたね

そして本当に大事な事を教えてもらったね

あの時お世話になった Iさん本当にありがとうございました



それまで よだかの星を読んだ事はありませんでしたが
読んでみて 涙が溢れてとまりませんでした
命って 人間だけに与えられたものではないはず

あの時よだかをいじめていた小学生たち
どうか 命の重さを知る人になってくださいと
祈るばかりです










スポンサーサイト
[ 2010/09/30 14:22 ] みかん | TB(0) | CM(9)
本当だね。

草花や動物にだって命はあるんだよね。
食物連鎖的な事は生きて行く上での自然の原理なのだろうけど、故意にいじめたりするのはイケナイ事だよね。。。

シミジミ考えさせられちゃった。。。
[ 2010/09/30 19:46 ] [ 編集 ]
森に囲まれた社宅に住んでいたころ、夜になると鳴き声がするのですが、誰もなんの生き物かわからなかった時がありました。蛙が鳴いてるのかって言ってる大人もいました。
僕(小学5年生)が、夕方鳴き声がする方に一人で薄暗い森に入っていき、木の枝に腹ばい?になっている鳥を見て、夜鷹だってすぐわかりました。
夜鷹を見たのはこれが最初で最後です。夜鷹の鳴き声だってみんなわかると、鳴き声のことがとたんに話題にならなくなったので、不思議な気持ちでした。人間は見慣れないものに対して敏感になるようです。
この絵本のこと知ってますが、夜鷹僕は好きです。
[ 2010/09/30 20:14 ] [ 編集 ]
小学生の頃、大昔だね。宮沢賢治が大好きでよく読みました。物語を絵にしましょうと図工の時間に書いたのは よだかの星だったのを 今思い出しました。
[ 2010/10/02 18:33 ] [ 編集 ]
確か小学校の国語の教科書に載っていました。
内容、うろ覚えなのでもう一度読んでみたいなと思いました。

「死にかけているから」と言った小学生の事はちょっとショックです。
自分が弱っている時に、そうされたらどう思うのか、考えられないのかな・・・。
そして、お友達のお父さんのような大人になりたいと思いました。

みかんちゃん、やっぱりいい子だぁ。
[ 2010/10/03 14:55 ] [ 編集 ]
☆あずきちゃん
毎年この時期になると
よだかを思い出します
その後みかんに聞いた話だと
よだかは元気になったらしく
また 山にはなされたらしいです

なんかね
これって人間にもいえるよね
見た目で判断しちゃいけないんだよって
そんなことを 考える秋の夜長です。。。
[ 2010/10/06 11:29 ] [ 編集 ]
☆jojiさん
jojiさんは 見た事あるんですね
なかなか見る事は難しい鳥らしいですね
あの大きな口からは想像できないくらい
可愛い声で鳴きますよね

絵本初めて読みました
切ない内容に 悲しくなってしまいました
夜鷹。。。私も好きです
[ 2010/10/08 19:16 ] [ 編集 ]
☆さくらちゃん
さくらちゃんは 読んだ事があるんだね
こんな切ないお話だったんだね。。。
知らなかったよ

みかんの話を聞いた後だから
なんだか悲しくて悲しくて仕方なかったよ。。。
[ 2010/10/08 19:17 ] [ 編集 ]
☆ぷりきゃらちゃん
死にかけているから。。。と言った子達
自分が同じ目にあったら。。。って
考える事が出来なかったのか。。。と
本当に残念な気持ちになったよ
人に対してじゃないから いいって考えは
やっぱりおかしいと思う。。。

悲しいね。。。
[ 2010/10/08 19:23 ] [ 編集 ]
随分、時間が経ちましたが、よだかの映像を探していて、偶然このブログを見つけました。
2月5日に「よだかの星」をマリンバとテルミンという楽器と共に朗読したものです。
長い間、この物語が良くわからず、今回、一人で読むにあたり、どうにか私なりに方向が見え、本番に臨みました。
とても好評をいただき、明日、デモとして録音するのですが、今日、このブログを読ませていただき、実際にいじめられているよだかの姿が目に浮かび、さらに、深める事ができるように思います。
私は、決してよだかの星を悲しい物語とは見てはいないのですが、醜いという理由だけでいじめられるのは、なんとも残酷な話です。

[ 2011/02/19 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。